dtajblog

日本ダイバージョナルセラピー協会ブログへようこそ!


コメントする

ダンス/ムーブメントセラピー & オクタバンド ワークショップ

  『ダンス/ムーブメントセラピー&オクタバンド ワークショップ』

    Donna Newman-Bluestein 先生をお招きして
    日本ダイバージョナルセラピー協会 芹澤隆子理事長によるDT講演
    ならびに DT&ダンスセラピー ワークショップ東京
     (OCTABAND使用)

            2015年2月14日(土) 
      場所 : 順天堂大学 本郷キャンパス センチュリータワーにて

★ 開催案内詳細は→こちら


コメントする

オーストラリアDT研修ツアー報告 (ウェルプラネット主催 9月17日~23日)

9月19日~20日にオーストラリア アデレードにて開催された
ダイバージョナル・セラピー・オーストラリア(DTA)のNational Conferenceで
日本のDTW養成の最新状況について、DTAJ 芹澤理事長より詳細報告しました。

また、日本のDTW代表 3名によるDT取組み状況報告をポスターによるプレゼンにて実施しました。
  医療法人社団 仁誠会     事務局長   吉田 美幸 氏
  ㈱ ホームケアサービス山口 常務取締役  古城 恵   氏
社会福祉法人津田福祉会 さわやか荘    岡 裕一郎 氏

一行15名は、オーストラリアの最新DT事情について学び、新しい情報を入手することが出来ました。
また渡航中、休日を利用して、観光も併せて実施しました。

岡 裕一郎氏のポスター報告をご覧ください。140901 岡祐一郎 本番2 DT Conference

s-P1180375

s-P1180358

s-P1180348

s-P1180316

s-P1180028

s-P1180024

s-P1180033

s-P1180055

s-P1180109

s-P1180057

Elizabeth Lodge12

Elizabeth Lodge3

Elizabeth Lodge1

Elizabeth Lodge2

Sydney2

Restheaven2

s-P1180188

Camden8

Elizabeth Lodge5

Ashfield3


コメントする

オーストラリア総領事館(大阪) テイラー総領事と面談! 2014年9月

『  日本ダイバージョナルセラピー協会(DTAJ)の芹澤隆子理事長が

在大阪オーストラリア総領事館の総領事キャサリン・テイラー氏から

昼食会に招かれました。』

 

オーストラリア総領事館(在大阪) テイラー総領事と芹澤隆子理事長

オーストラリア総領事館(在大阪) テイラー総領事と芹澤隆子理事長

テイラー総領事は、日本においてオーストラリア発祥のダイバージョナルセラピーがどのように貢献しているかについて、情報交換したいと、9月1日、日本でDT活動に奔走する芹澤理事長を招いて昼食を共にされました。

 テイラー総領事は芹澤理事長から日本の高齢者ケアとDTの現状について詳細説明を受けられ、日本においてもDTによるQOLへの貢献がますます必要となっていくことを確信されました。

 またテイラー総領事はオーストラリアの素晴らしい高齢者ケアの思想をもっと日本に広めたいとのお考えを持たれており、DTの必要性、並びに日本、オーストラリア間のDT交流の重要性という点においてもお二人の考えは共通認識として一致を見ました。 

 今後、総領事としても日本DT協会と情報交換などしながら、日本におけるDTの普及に協力したいとのご提案をいただきました。

 

NPO法人 日本ダイバージョナルセラピー協会

 


コメントする

ダイバージョナルセラピーとは

日本ダイバージョナルセラピー協会はこのように定義します(2008年9月)。


ダイバージョナルセラピーとは、各個人が、いかなる状態にあっても自分らしくよりよく生きたいという願望を実現する機会を持てるよう、その独自性と個性を尊重し、援助するために、「事前調査→計画→実施→事後評価」のプロセスに基づいて、各個人の“楽しみ”と“ライフスタイル”に焦点をあてる全人的アプローチの思想と実践である。
オーストラリア・ダイバージョナルセラピー協会のPeggy Skehan氏は
「DTをひと言で言うと?」の問いに次のように答えました。

ダイバージョナルセラピーとは、朝、ベッドから起き上がる理由をもてるように手助けすることである。
さらに、オーストラリア・ダイバージョナルセラピー協会はそのVisionで宣言します。

ダイバージョナルセラピーとは、クライエントを中心にした実践であり、各個人が、その人にとって価値のあるレジャーやレクリエーションを経験することは、その人の能力とは関係なく、すべての人に与えられた権利であると認める。